ホーム > 債務整理 > 過払金返還請求とは? 和歌山弁護士|債務整理

個人再生とは?

これまで、サラ金業者は年利29.2%という利息をとっていました。

しかし、利息制限法という法律では、利息の上限は18%と決められています。

この差の部分をグレーゾーン金利と呼んでいますが、このグレーゾーン金利の部分、つまりいままで上限金利を超えて利息として弁済していた部分を元本に充当してみると、もうとっくに借金を完済していたり、それを通り越して無くなった借金を払ってしまっていたという事があります。
このような払い過ぎのお金を法律上は、「不当利得」、一般には「過払金」と呼んでいます。

過払金は、金融業者にとって受け取る根拠がないお金であるため、この過払金については金融業者に対して返還請求できます。
過払金を回収することによって、債務整理がぐんと楽になるので、過払いとなっている場合には、直ちにこれを回収すべきです。

なお、どれぐらいの期間取引を続けていたら過払いになるかは、取引の内容等も関係するので一概には言えません。

ただ、だいたいの目安としては、消費者金融と5年から7年くらい以上取引があれば過払いになりやすいと言われています。


借金の問題は必ず解決できます。和歌山平和総合法律事務所までお気軽にご相談下さい
和歌山弁護士|お問い合わせ まずは、お気軽にお問い合わせください

和歌山平和総合法律事務所
〒640−8141
和歌山市五番丁8番地1 リーガルセンタービル2階
TEL 073-427-1750
FAX 073-427-1760
和歌山弁護士|ページトップへ